読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちごいちえ。

ダメな専業主婦の日々のつぶやき。備忘録です。

手帳。

来年の手帳、そろそろ手に入れなければーと思い、夫にたのんで

日経ビジネスアソシエの11月号を買ってきてもらいました。


日経ビジネスアソシエ 2014年11月号 « 最新号の紹介 | 雑誌 | 日経ビジネス Associe(アソシエ)

 

毎年この時期になると手帳特集号なんですよね。

買って読むのは初めて。

 

しかし、やっぱあたりまえだけど「ビジネス」だから

ユルめの使い方をしている人っていないよね。

というかユルいページは紹介しないですよね。

でもいろいろな手帳の新作ガイドとかは参考になりました。

いろいろ出てるけど、LOFTで見るのってほんの一部なんだなー。

 

真剣に仕事してた頃はバーチカルじゃないとわけわかんなくなってたけど

今は家に居るのでその日一日のイベントがばーん!と分かるほうが

使いやすいような気がしています。

仕事の手帳ってそんなに読み返すことなかったし・・・。

(毎年恒例のアレは去年はいつから手を付けたかな?とかを調べるくらい。)

今の日常に合うものに切り替えたいな。

ゆったり読み返せたらいいな。

 

で、いろいろ迷いながらも結局はほぼ日手帳のカズンに決めました。

でかいです。A5サイズ。

f:id:konbudasi:20140829150541j:plain

メロンドットというカバーにしました。中は水色。とてもかわいらしい。

f:id:konbudasi:20141104152655j:plain

スカイチェックというこちらにするか迷ったんですが・・・

夫が「明るいほうが書く気にさせるよ!」と。

確かにそうかもしれない。私ネガティブだからね。

 

スカイチェック、ちょっと後ろ髪ひかれてたんですが、

実際手に取ってみると中の水色がさわやかでよかったと思います。

メロンちゃん一年間よろしくね。

 

そんな夫はここ3年ほどほぼ日のオリジナルを使い続けています。

 

学生時代からの友達は、

いろいろ手帳を探しても自分の思うものにめぐりあえない!

ということで自作しています。

リフィル、印刷、製本全部自分。

紙質にもこだわってる。すばらしい。

使いやすいペンのインクの発色、すべりとか計算してるみたい。

 

理想の手帳の行きつく先はやっぱり自作なのでしょうね。

 

ちなみにカズン、でかくて重たいので家に置いておく用です。

持ち歩きには生保のレディさんが毎年くれる薄い手帳を使う予定。

そっちは適当に書きなぐり、カズンに丁寧に書きこむのが理想かなー。

あとは付箋紙を多用するのでかわいいのを手に入れなければ。

 

手帳ってワクワクしますね。来月から使うの楽しみだなー。